主婦がお金を借りる条件とは?

主婦がお金を借りる条件を調べたので、参考にしてください。

 

主婦に人気のカードローン

アコム

 

 

 

働いている主婦の場合は
消費者金融だろうと、銀行からだろうと
お金を借りることができます。

 

専業主婦の場合は
銀行からならお金を借りられます!

 

また、旦那の収入証明があれば、
消費者金融も可能です!

主婦がお金を借りる条件【パートで働いている場合】

主婦がお金を借りる条件【パートで働いている場合】
家庭の主婦がパートに出かけると、当然給与をもらいます。ただし年収が100万を下回っていることが多いため、借入限度額場はずいぶんと低くなるはずです。消費者金融の場合は総量規制があるため、パートの主婦がお金を借りようとしても30万円程度の融資限度額が上限だと考えた方がいいでしょう。
主婦がお金を借りる条件として、
銀行の場合は総量規制がないのですが、パートの主婦だけで審査をするのであれば、
下手をすると収入が不確実だという理由で、消費者金融より融資限度額が低くなる可能性があります。
主婦がお金を借りる条件として、
銀行の方が使い勝手がいいことは間違いないので、一度審査だけしてもらい、次に消費者金融で審査をしてもらい、有利な方と契約すればいいでしょう。
ただし、自分の旦那が「大企業の正社員」で、ある程度の給与をもらっていると自負しているパートの主婦は話が変わります。
主婦がお金を借りる条件として、旦那の給与振込銀行でカードローンを申し込み、申込の際に旦那名義の預金通帳を持って行くだけで、融資限度額が上がる場合があります。
主婦がお金を借りる条件として、自分の信用だけではなく、旦那の信用も加えた状態で審査をしてくれるケースがあるのです。
主婦がお金を借りる条件として、最近の銀行は、収入のない家庭の主婦に対してもカードローンを提供する場合があります。
主婦がお金を借りる条件として、旦那の収入をあてにしているのです。
主婦がお金を借りる条件として、もちろん連帯保証人になってもらうわけではありませんが、夫婦であれば主婦に万が一のことがあっても旦那から返済を求めることが可能であろうと考えるのです。
しかも、給与振込口座が自行であればかなり安心して貸付ができるのです。
主婦がお金を借りる条件として、収入が少ないのでどうしても貸付限度額は低く抑えられがちです。しかし、それを跳ね返すために旦那の収入や信用を使うことができれば使いたいものです。必ずしもうまくいくとは限りませんが、トライする価値はあります。

主婦がお金を借りる条件【専業主婦の場合】

主婦がお金を借りる条件【専業主婦の場合】
専業主婦の多くの方は、自身の所得というものがありません。
そのため、主婦がお金を借りる条件としてちょっと考えるとお金を借りることなどできるわけがないと思われがちです。
確かに総量規制の影響で、所得がないと貸付ができない消費者金融であれば専業主婦にお金を貸すことはできません。
しかし、総量規制の影響がない銀行であれば可能です。
現実に銀行は、収入のない主婦に対してもカードローンの受付をしています。しかし、収入がないのにどうやって返済資金を担保するのでしようか?
主婦がお金を借りる条件として銀行にとって、専業主婦にお金を貸すことは、その旦那さんにお金を貸すことと同じ視点で考えています。つまり、主婦がお金を借りる条件として保証人になっていないとしても、いざとなれば旦那さんからの返済をあてにすればいいという考えがあるのです。もちろん、収入のない専業主婦に対する貸付リスクは非常に高いので、貸付限度額は低いですし、利率は高くなります。でも、必ずしも収入がないから借入ができないとあきらめることはありません。
主婦がお金を借りる条件として、キーポイントはやはり旦那さんの収入にかかっています。銀行は、ローン契約する場合に給与振込銀行が自行であるか否かにより、対応がかなり変わります。主婦がお金を借りる条件として旦那さんの給与振込口座が、専業主婦の方の貸付を受けようとする銀行であれば最強です。専業主婦で銀行からお金を借りている人の多くは、このバターンなのです。
主婦がお金を借りる条件として銀行にとって、旦那さんの給与振込銀行が自行であることは、ただ単に貸付資金の回収可能性が高いと言うだけではありません。旦那さんの勤め先もわかりますし、毎月の振込金額から大体の地位もわかります。当然年収もわかります。このような点も専業主婦がお金を借りるポイントになるのです。

主婦がお金を借りる条件【必要書類は?】

主婦がお金を借りる条件でキャッシングをするのに必要となる書類は、一般的なクレジットカードを申し込む際に必要となる書類とほぼ同じです。まず、契約に必要となる書類は、金融機関により若干異なりますが、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)は必須になります。その他、希望限度額や会社により異なりますが、本人確認書類の他に源泉徴収票や直近数ヵ月以内の給与明細などの収入が証明できる書類があれば、ほぼ問題ありません。事前に金融会社のサイトなどで必要となる書類を調べておきましょう。
申込に要する時間ですが、まずは自動契約機での手続きの場合についてご説明します。自動契約機に入り、画面と音声のアドバイスに沿って進めていきます。画面の向こうには担当者がいるという事を忘れずに!一通りの手続きや審査など、時間帯にもよりますが、契約完了までは約30分から1時間程度あれば完了します。その時点で即日カードが発行され、即座にキャッシングする事ができます。
自動契約機をひとりで小一時間占領する訳ですので、申し込もうと思ったら先約がいた!という場合は、最大で1時間程度待たなければならないという事も考慮しておきましょう。
但し、誰もが即座にカード発行され、お金を借りられるという訳ではありません。例えば、即日借りたいお金があまりにも高額な場合や、高額ゆえに保証人が必要な場合、用意した書類の不備などで、即日で契約ができない場合もありますので、注意が必要です。そして、肝心な信用の問題で、審査に通らない場合もあります。その様な場合、複数の金融機関で契約申込をする事もできますが、契約可否は、あくまでその会社の判断であるという事をお忘れ無く。